スキップしてメイン コンテンツに移動

Cloud At Costの激安サーバにUbuntu16.10/16.04を入れる簡単な方法


※この記事を書いた後、もっと簡単な方法が見つかりました。Ubuntu 17が簡単に入ります
Cloud At Costの激安サーバにUbuntu 17を入れるとっても簡単な方法


Cloud At Costはとんでもないサービス!でもユーザーの使い方もすごい!
Cloud At CostのVPSは落ちてて当たり前のとんでもないVPSを提供していることで有名になっちゃってるんだよね。
でも、業者だけを責めちゃいけないよ。借りてる人もすごい使い方をしてるのさ。みんな好きなOSを入れて好き勝手に使ってる楽しいサービスなんだよ!
だけどISOファイルのアップロードを認めているような高級なVPSとは違って、OSのインストールには難しかったり面倒な方法が多いんだよね・・・・
そんな中、この記事では簡単にUbuntu 16.10/16.04を入れる方法を紹介するよ!!!
とは言っても、実は要となる部分はCloudAtCostのメモリ512MBでddリストアの方のアイデアなんだ。記事を上げてくれた方、素晴らしいアイデアをありがとう!すごく役に立ったよ!
もしこのページを見てUbuntuを無事入れられたら、そちらの記事の人に感謝しなきゃだめだね。
Linuxでもほぼ同じことが出来るみたいだけど、ブートローダーみたいな間違うと面倒なものはGUIでやりたいね。


この方法のメリット
コマンドを打つことなくできる
クリーンインストールするので、14.04からdo-release-upgradeでアップグレードするのと違ってスッキリ気持ちがいい
パーティション構成も自由に決められる

この方法のデメリット
用意されてるOSを使えば、ポチッと押して待ってるだけでつかえるのに面倒
そもそもOSを入れ替えて使っていいの!?

方法
Step 1
Cloud At CostのコントロールパネルにからWindows 7のサーバを作る
Windowsは良いOSだけど、デスクトップ用は2vCPUまでしか使えないのが難点だよね・・・
Step 2
用意されたWindows上にEasyBCDをインストールする
次のステップで用意するmini.isoも映っちゃってるけど、用意するものはこの2つだけ

Step 3
Ubuntu 16.10 "Yakkety Yak"Ubuntu 16.04 LTS "Xenial Xerus"の好きな方をダウンロードする
最小以外のイメージをダウンロードしても、後のインストール作業中にDVDが見当たらないことになるためこれで十分

Step 4
EasyBCDを使用し、Step 3で用意したmini.isoファイルをboot from ramを指定して登録し、Easy Boot Menuでmini.isoの方をデフォルトに設定する
右下部分を使ってISOファイルを登録する
起動するものを選ぶ
後は再起動して指示に従いインストールするだけ!
あとはいつも通りインストールすればOK

コメント

このブログの人気の投稿

Radeon RX460って、有効なストリームプロセッサーを896から1024に増やせるのね

やり方はたった2点だけ
RX460で無効化されているストリームプロセッサーを有効にする手段が発見されて、RX460がお手軽に1割ぐらい早くできるってよ!
たけど運が悪いと壊れるだろうし、うまく行ってもドライバを使用する上での不利益があったりするので、やるべきかどうかは悩ましいね。
大雑把な流れは次の工程だけだってさ。
Step1 グラフィックカードのBIOSを偉い人が作ってくれたものに書き換える
Step2 古いグラフィックカードのドライバを使う or グラフィックカードのドライバを偉い人が作ってくれたカーネルドライバ+パッチで改造する

うちのビデオカード
Sapphire RX460を11月の頭に買ったんだけど、もうちょっと早くなって欲しいと思ってたんだよ。
FullHDでOverwatchをやるときに次の設定でFPS60を切っちゃうことがたまにあるからね。タダで出来るのなら性能1割増しでもよく感じちゃうね。
Step1
偉い人が作ってくれた変更済みBIOSをもらってきて書き込む
ASUS Dual RX 460 OC (O2G) Unlocked BIOS
ASUS RX 460 STRIX O4G Unlocked BIOS
HIS Radeon RX 460 iCooler OC 2GB Unlocked BIOS
MSI RX 460 2GB OC Unlocked BIOS
PowerColor RX 460 Red Dragon 2GB Unlocked BIOS
Sapphire RX 460 2GB Unlocked BIOS
Sapphire RX460 2GB Dual Fan Unlocked BIOS
Sapphire RX 460 Nitro 4G Unlocked BIOS
XFX RX 460 Passive Edition 4GB Unlocked BIOS
XFX RX 460 Double Dissipation 4GB Unlocked BIOS
XFX RX 460 Single Fan 2GB Unlocked BIOS
最初は一部の機種限定だったけど、だいぶ増えてきた

ちなみに私のはSapphire RX 460 2GBデュアルファン


書き込み方は簡単で、flash unlocked bios.batを動かして待つだけ!15秒後には立派にストリ…

Android StudioのADVって、AMDのCPUだと困っちゃうのね

Android Studioを入れて2日目、いろいろいじってツールを手になじませようかな。
 さっそく上の方のRUNボタンを押してみると、即座にビルドされてエミュレーター等で動くっぽいのね。このAndroid Virtual Device(AVD)とエミュレーターがついているのがEclipseじゃなくてAndroid Studioにした一つの理由だったりしてね。
 だけどこれ、自分のパソコンだと動かないね、なんなのこれ?
>emulator: ERROR: x86 emulation currently requires hardware acceleration!
>Please ensure Intel HAXM is properly installed and usable.
>CPU acceleration status: HAX kernel is not installed!
Android Studioの一つの売りである高速エミュレーターが、私が使っているPCでは作動しなかったのです。テクノロジーとして、IntelのVX-tが必要で、AMDのAMD-Vではだめだったのです。
 Androidプログラマーを目指して2日目に、またもややる気をなくすことが起きるとは。
 メインで使用していないPCも、AMDのCPUやAPUのものばかりで困りました。
 それにしても、特にAMDが好きなわけでもないのに、いつのまにかAMDだらけになったんだろう。よく安売りされていたから無意識のうちに増えて行っちゃったのかな。だけど買うとしたらiOS版の開発も考えてMacを買うべきかな。最近お金ないし、さしあたってなんとかならないかな。

 そこで先人の知恵を借りると、4種類ぐらいの妥協策があるようです。
1 Android Studioについてきている低速なエミュレーターで我慢する(とにかく遅いらしい)
2 高速な他社製Androidエミュレーターで我慢する
3 x86の仮想PCを用意して、x86版のAndroidを入れて我慢する(とにかく高速らしい)
4 実機で動かす

 環境を用意するのの容易さは、4>1>2>3の順と想定されます。実際に使用する際の面倒さを見ても、2,3が自分で立ち上げて接続する必要がありそう。そこで、楽な割に快適そ…

Radeon RX 460からRadeon RX 480に換えてみた

なぜRX 460を買ってから3ヶ月経たずにRX 480に換えたくなったのか 最近、Overwatchばっかりやってたんだけど、他の人が高いフレームレートで遊んでると思うと不利なのかな?とちょっと思ってたんだよ。
以前使っていたグラフィックカードは、シェーダープロセッサ数をアンロックしたRX460で、大体次の設定でゲーム中FPS60~72ぐらいしか出てなかったんだ・・・・。上手い人はFPS60あればマクリーを使ってもそこそこ当たるみたいだけど、やっぱりそれは上手い人の話だろう。AIMの精度を上げるためにRX 480が欲しくなったのさ。
RX460使用時大体FPS60~72 RX 460(シェーダープロセッサアンロック済)FUllHD-レンダリングスケール100%ほぼUltra(ただし、フレームレートに影響しないテクスチャ品質及びテクスチャフィルタリング品質は高、フレームレートに大きく関わる謎設定のローカル・フォグ表現は低)
ビデオメモリ8GBの誘惑 そんなところにHIS RX 480 IceQ X2 OC 8GB HS-480R8LCNRの安売りが来たからなんとなく買っちゃったわけよ。 え?ゲームをやるなら値段の変わらないGeForce GTX1060を買ったほうが良いって????特にOverwatchはDirectX11のゲームだからGeForceの方がいいって??? まあそんなのはわかった上で買ってるんだよ。なんていってもビデオメモリ8GBって、3GBや6GBじゃ味わえないロマンを感じるだろ? で、RX 480に換えたらFUllHD-レンダリングスケール100%以外を全て最高の設定にしてもFPS90~125ぐらい出るようになった。やったね!
RX480使用時→大体FPS90~125 RX 480FUllHD-レンダリングスケール100%EPIC以上(レンダリングスケール以外は全て最高設定) なお、初めOverwatchの設定でFPS上限70の設定になっていたのに気づかず、「FPS70しか出ないのか」と勘違いしてかなりがっかりした。
カードインストール時 ケースが狭いので大きいグラボが入るか心配だったものの、SapphireのRX 460とほぼ同じ大きさでした。ただヒートパイプ等が組み込まれている分、RX 480はかなりの重量があります。
GPUの温度 誰もが気になる温度につ…