スキップしてメイン コンテンツに移動

Radeon RX460って、有効なストリームプロセッサーを896から1024に増やせるのね

やり方はたった2点だけ
RX460で無効化されているストリームプロセッサーを有効にする手段が発見されて、RX460がお手軽に1割ぐらい早くできるってよ!
たけど運が悪いと壊れるだろうし、うまく行ってもドライバを使用する上での不利益があったりするので、やるべきかどうかは悩ましいね。
大雑把な流れは次の工程だけだってさ。
Step1 グラフィックカードのBIOSを偉い人が作ってくれたものに書き換える
Step2 古いグラフィックカードのドライバを使う or グラフィックカードのドライバを偉い人が作ってくれたカーネルドライバ+パッチで改造する

うちのビデオカード
Sapphire RX460を11月の頭に買ったんだけど、もうちょっと早くなって欲しいと思ってたんだよ。
FullHDでOverwatchをやるときに次の設定でFPS60を切っちゃうことがたまにあるからね。タダで出来るのなら性能1割増しでもよく感じちゃうね。
ゲームやるならもっといいカードを買えなんて言わないで!察してくれよ、お金がないんだよ!!!
Step1
偉い人が作ってくれた変更済みBIOSをもらってきて書き込む
ASUS Dual RX 460 OC (O2G) Unlocked BIOS
ASUS RX 460 STRIX O4G Unlocked BIOS
HIS Radeon RX 460 iCooler OC 2GB Unlocked BIOS
MSI RX 460 2GB OC Unlocked BIOS
PowerColor RX 460 Red Dragon 2GB Unlocked BIOS
Sapphire RX 460 2GB Unlocked BIOS
Sapphire RX460 2GB Dual Fan Unlocked BIOS
Sapphire RX 460 Nitro 4G Unlocked BIOS
XFX RX 460 Passive Edition 4GB Unlocked BIOS
XFX RX 460 Double Dissipation 4GB Unlocked BIOS
XFX RX 460 Single Fan 2GB Unlocked BIOS
最初は一部の機種限定だったけど、だいぶ増えてきた

ちなみに私のはSapphire RX 460 2GBデュアルファン


書き込み方は簡単で、flash unlocked bios.batを動かして待つだけ!15秒後には立派にストリームプロセッサーが増えたRX 460か、もしくは動かないガラクタが出来上がります!
なお、GPU-Zでストリームプロセッサー数を確認できるのは再起動後です。
ちなみに私の環境ではOpenCLもDirectCompute5.0も有効になっています。

OpenCLもDirectCompute5.0も有効になってる

Step2
面倒な場合
見事立派なRX460になった場合、12.1(Radeon Software Crimson ReLive)以降のドライバが使用できません。
そのため、面倒であれば11.5以前のドライバを使用することになります。
面倒でも12.1を使いたい場合
まず、ドライバのセットアップを一度起動してインストールに必要なファイルをC:\AMD\下に作成した後、偉い人が作ってくれたカーネルドライバ(https://mega.nz/#!AtUWDCaZ!zjfCIH9IZBnCGkbgs-EyqaAnejQY11w-r_bTYKggQ30)をC:\AMD\Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-16.12.1-Dec7\Packages\Drivers\Display\WT6A_INF\B309333に展開します。
その後、開発者モードで未署名ドライバをインストール可能にて再起動し、C:\AMD\Win10-64Bit-Radeon-Software-Crimson-ReLive-16.12.1-Dec7\下のSetuo.exeを使用して普通にドライバをインストールします。
そして、偉い人が作ってくれた謎のパッチ(https://www.monitortests.com/forum/Thread-AMD-ATI-Pixel-Clock-Patcher)を当てて出来上がりです!

今後の不安
私のRX460がいつまで最新のドライバを使えるかは、海外の偉い人たちが今後も最新のドライバに対応するカーネルドライバやパッチ等を供給してくれるかにかかっており、その点は不安が残ります。

追記
将来的にはわかりませんが、Crimson ReLive 16.12.2でも上記方法で使えています。

コメント

このブログの人気の投稿

Radeon RX 460からRadeon RX 480に換えてみた

なぜRX 460を買ってから3ヶ月経たずにRX 480に換えたくなったのか 最近、Overwatchばっかりやってたんだけど、他の人が高いフレームレートで遊んでると思うと不利なのかな?とちょっと思ってたんだよ。 以前使っていたグラフィックカードは、 シェーダープロセッサ数をアンロックしたRX460 で、大体次の設定でゲーム中FPS60~72ぐらいしか出てなかったんだ・・・・。上手い人はFPS60あればマクリーを使ってもそこそこ当たるみたいだけど、やっぱりそれは上手い人の話だろう。AIMの精度を上げるためにRX 480が欲しくなったのさ。 RX460使用時 → 大体FPS60~72 RX 460(シェーダープロセッサアンロック済) FUllHD-レンダリングスケール100% ほぼUltra(ただし、フレームレートに影響しないテクスチャ品質及びテクスチャフィルタリング品質は高、フレームレートに大きく関わる謎設定のローカル・フォグ表現は低) ビデオメモリ8GBの誘惑 そんなところにHIS RX 480 IceQ X2 OC 8GB HS-480R8LCNRの安売りが来たからなんとなく買っちゃったわけよ。 え?ゲームをやるなら値段の変わらないGeForce GTX1060を買ったほうが良いって????特にOverwatchはDirectX11のゲームだからGeForceの方がいいって??? まあそんなのはわかった上で買ってるんだよ。なんていってもビデオメモリ8GBって、3GBや6GBじゃ味わえないロマンを感じるだろ? で、RX 480に換えたらFUllHD-レンダリングスケール100%以外を全て最高の設定にしてもFPS90~125ぐらい出るようになった。やったね! RX480使用時 →大体FPS90~125 RX 480 FUllHD-レンダリングスケール100% EPIC以上(レンダリングスケール以外は全て最高設定) なお、初めOverwatchの設定でFPS上限70の設定になっていたのに気づかず、「FPS70しか出ないのか」と勘違いしてかなりがっかりした。 カードインストール時 ケースが狭いので大きいグラボが入るか心配だったものの、SapphireのRX 460とほぼ

ついにGeForceでFreeSyncを使う方法が発見される(別途Vegaコア要)

Radeon RX480を買って日が経つけど、何をしてるときもGeForceを買っておくべきだったと感じるね。 GeForceほどゲームの対応状況が良くないし、GeForceだと人工知能とかも楽にできて色々遊べた気がするな。 唯一、Radeonで良かった点といえばFreeSyncが使える点ぐらいだね。 GeForceで似た機能を使いたい場合は、高価なG-Syncのモニターを買わなきゃならないからかなりの利点だよ。 でも、GeForceでFreeSyncを使う方法がついに見つかっちゃったみたいなのさ・・・・ ただ、これをやるためにはVegaのコア(APUやi7に載っているものを含む)を用意する必要がある。 ゲームをやる人がAPUなんてなかなか買わないと思うけど、GeForceとセットで買ってFreeSyncが使えるなら結構ありなんじゃないかな。